伝えよう「和食」文化を。

秋も深まり、空が高いです。
本社前のさくら通り(桜並木が福井市街地の東西にのびています)は、いよいよ落ち葉の
シーズンとなりました。
落ち葉掃除機の登場です。

今日は、学校給食にも使われている、六条大麦の製品を販売しておられる、福井大麦倶楽部の大麦ママさんからお誘い頂き、農林水産省主催、福井県共催の
和食が育む、人の味日本覚と食文化シンポジウムに行ってまいりました。
2013年に、「和食:日本人の伝統的な食文化」が、ユネスコ無形文化遺産に登録され、「和食」が、料理だけでなく、「自然を尊ぶ」という日本人の精神に基づいた文化として、世界に広く認められたということです。そこで、人類共通の財産となった「和食」文化を、保護・継承していくために、まずは日本人が共通理解を深める必要があります。
福井県は、食育という言葉を初めて本で紹介された石塚左玄氏が福井市の出身であり、若狭地域は、昔から天皇家に食材を送っていたいた「御食国(みけつのくに)若狭おばま」として、食のまちづくりに熱心にとりくんでいるところです。
同時開催で、こどもだし教室もあり、沢山の親子連れのお姿を拝見しました。
子どもの時の経験、体験は、きっと記憶に残り、だしのきいた「和食」が美味しいことを、受け継いでいってくれることと思います。
  シンポジウムの方は・・・
  まず、テレビでも有名な服部学園理事長の服部幸應先生の基調講演
「和食の食育力のすすめ」
  知育、徳育、体育に食育、才育を加えた五育の考えを、日本で最初に唱えたのは
  福井の石塚左玄先生です、とおっしゃって下さいました。
  印象に残ったのは、
  3~8歳の時期に一人で食事(個食)させず、家族で一緒に食事をすることが大切であると。

  ましてや、テレビを見ながらの食事はよくないことであると。
  当然のことのようですが、実際の統計では、かなりの高い数字で個食の子供がいるとのこと。
  親子のスキンシップ、そして、家庭での躾(しつけ)ができるように、大人が気を付けるべき
  
である、というお言葉でした。

続いて西川福井県知事、服部先生、東京農大名誉教授で福井県里山里海湖研究所所長も務められている進士五十八先生のトークセッション「食育発祥の地福井の魅力」
そして、「和食授業のすすめ」「農業体験」など事例紹介
   他県の和食授業例は
   是非福井の小学校でも取り入れて欲しいと思う内容でした。
   農業体験は、
   坂井市の上江ファームさんの園児や高校生対象の取り組みの報告。

   受け入れてくれるところが、県内中にできたら、と思いました。
       
最後に「地域で育まれる和食」と題してパネルディスカッション
 
 現在の我が家の食事に関しては、ほぼ合格かしら。とちょっと自信を持ちつつ、でも気持ちに余裕がないと、ついお手軽なものにも手が伸びてしまう時もあり、反省。
  
 和食にかかせない「醤油」の製造に携わっているものとして、これからも、安心、安全な食材に心がけ、和食文化の普及のお手伝いをさせて頂こうと思いました。

                                        

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    おおむぎママ (火曜日, 20 10月 2015 09:02)

    日曜日はお疲れ様でした。ご一緒できて嬉しかったです。

    今まで当たり前にやってきた家庭の躾、教育が崩れてきている昨今、
    それを食育としてまずは原点に立ち返って我が家で実践していきたいですね。
    食育の先進県と言われ、改めて福井の食に携わる自分の仕事も見直す一日でした。

  • #2

    山さきや 伊東 (火曜日, 20 10月 2015 22:10)

    おおむぎママさん
    先日は、お誘い頂き本当にありがとうございました!
    おおむぎ家の息子さん、娘さんが、本当によくお手伝いしていらっしゃる!と、いつも感心しております!
    おおむぎ家は福井の食育の見本です^-^
    どんどんブログでご紹介下さいね。

  • #3

    なちゅぼん (日曜日, 29 11月 2015 22:20)

    私は福井に引っ越して初めて買ったのが玉しょうゅでした。私の地元には大手メーカーが鎮座した土地柄、味噌や醤油にはめんどくさい客でもあります。でも、家族皆が、美味しいと口を揃えて言いました。本当に美味しいです。卵かけご飯やお刺身、山芋等かけてよし、煮物にも良しと重宝しております。安売り特価の醤油も悪いとはいいませんが、やはり、本当に美味しい醤油に出会って欲しいです。オススメします。

  • #4

    山さきや 伊東 (月曜日, 30 11月 2015 16:39)

    なちゅぼん様
    大変うれしいお言葉、有難うございます!!
    福井は海、山、里の食材に恵まれており、その食材をより美味しく召し上がって頂けたらと考えております。
    ご家族団らんの食卓に、これからも玉しょうゆを
    どうぞ宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ

フリーダイヤル

   0120-55-1506  

電話

   0776-21-1506

時間

   8:30~17:30

定休日

   土・日曜、祝日

FAX

   0776-21-1650

【ブログ】
第四回福井県醤油味噌鑑評会を終えて17/11/3
伝えよう「和食」文化を15/10/18

越前モノづくりフェスタ15/9/27

はまなみそ、いろいろ15/3/14

バンクーバーの朝日15/1/17

親子です     14/11/11

第1回醤油味噌鑑評会

             14/10/6

続、六代目幾久次郎14/9/30

ふるさと香る茶会  14/9/12

茶禅一味       14/6/10
自然の恵みを戴き 14/5/15

六代目幾久次郎! 14/3/31

 

冬に水ようかん!  14/2/24

魔法の醤油!?   14/1/28

天神講には焼き鰈!14/1/25

かわいい工場見学 13/11/20

染付sometsuke  13/11/4

ゆるキャラえい坊くん13/10/13
全国味噌組合    13/9/20

刺身は醤油を    13/6/26

後悔してる!?   13/5/28

筍三昧        13/5/16

蕨           13/4/18

北潟湖にて     13/4/2

お醤油を贈り物   13/3/18

春の香り       13/3/2

新年会        13/1/6

うれしいお礼状    12/12/13

初霜                 12/11/26