醤油麹の作り方

麹の魅力

 

普段の生活の中では、目に見えないけれど、昔から日本の食生活の中で、なくてはならない存在の麹。和食に欠かせない醤油・味噌、酢、みりんなどの調味料は、この麹がなくては作ることはできません。

 

      ①麹の酵素が食材の旨味を倍増させます。

 

      ②健康を維持する為に必要な栄養素がたっぷり!


         生活習慣病の抑制、

         体力増進、免疫力を高める

         脂肪燃焼させ、肥満予防・改善

         善玉菌で腸内環境を整え、便秘解消

 

      ③抗酸化物質で細胞を活性化・・・お肌がつるつるに!

 

 

醤油麹を作ろう!

醤油麹
醤油麹

【準備するもの】

  たま醤油  200cc

  米 麹   200g

 

① 米麹を大きめのボールに入れ、よく揉む
② 手で握って、形が出来る位になったら、醤油を入れる

③ さらに混ぜる 

※まぜていて水分が足りないようなら、醤油を追加。

 甘露たましょうゆは、甘めですが、しょっぱくなり過ぎず、麹とも相性ばっちりです。

 醤油麹には、甘露をおすすめします。

 

醤油麹と塩麹
醤油麹と塩麹

④ふたつきの容器に入れ、熟成させます。

  常温で、一日一回、底から返すようにスプーンで

  混ぜ合わせます。

 

醤油麹と塩麹
醤油麹と塩麹

⑤常温に置き、10日から2週間すると、とろっとしてきます。

  指で麹の粒がスッとつぶれるくらいに熟成すれば、完成です。

  瓶に詰め、作った日付シールを貼り、冷蔵庫で保管します。

  3ケ月ほどで使い切りましょう。

  醤油麹レシピ↓

 


醤油麹を使ってみましょう

醤油麹を使ったレシピ集

豚肉の生姜焼き
豚肉の生姜焼き

豚肉の生姜焼き

豚肉に醤油麹をなじませておく

油を熱したフライパンで豚肉を焼く。

玉ねぎ、キャベツお好みの野菜を

入れる。

ほかに調味料いらず!!


 

ぶりの照り焼き
ぶりの照り焼き

ブリの照り焼き

一切れに付、スプーン一杯の醤油麹をまぶして、

一切れずつラップにくるむ、または密閉容器に入れ

冷蔵庫で一晩寝かせる。

温めたグリルで焼くだけ!

なんとも言われぬ旨味が、お口の中に広がります!!

塩麹を使ったレシピ

鮭の塩麹漬け焼き
鮭の塩麹漬け焼き

鮭の塩麹漬け焼き

生鮭一切れに付スプーン一杯の塩麹をまぶし一切れずつラップにくるむ、または密閉容器に入れ冷蔵庫で一晩寝かせる。

温めたグリルで焼くだけ!!

皮もカリカリ、まるごと美味しく食べられます!


お問い合わせ・ご注文

フリーダイヤル

   0120-55-1506  

電話

   0776-21-1506

時間

   8:30~17:30

定休日

   土・日曜、祝日

FAX

   0776-21-1650